東武鉄道の甲種輸送など車両搬入、秩父鉄道経由から栗橋連絡線で受け渡しへ
拡大する(全1枚)

東武鉄道の甲種輸送など車両搬入、秩父鉄道経由から栗橋連絡線で...の画像はこちら >>

川崎重工業 兵庫工場(川崎車両 神戸)を1月に出場し、山陽線・東海道線・東北線などを経て納品先へと届けられた、東武鉄道 500系リバティ 515・516・517編成。

川崎重工業からは、JR線内のけん引機は、JR貨物 岡山機関区所属 DE10形ディーゼル機関車、JR貨物 新鶴見機関区所属 EF65形電気機関車、同EF210形電気機関車など。

関東入りして新鶴見信号場(神奈川県川崎市幸区)からは、JR貨物 愛知機関区所属 DD200形ディーゼル機関車が、東武鉄道とJRの連絡線がある栗橋までけん引した。

東武車両の搬出・搬入は秩父鉄道経由をやめ、栗橋経由に

東武鉄道車両の甲種輸送や搬出・搬入は、これまで熊谷から秩父鉄道三ヶ尻線などを経て、羽生で東武鉄道へと渡る秩父鉄道経由だった。

そこへ秩父鉄道三ヶ尻線 熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻が廃止したなどで、搬出・搬入ルートを変更。

JR線・東武線 直通特急 日光 きぬがわ スペーシアきぬがわ などの定期列車が行き来するJR東北線・東武日光線 連絡線を伝ってこうした新型車両を入れるようにした。

栗橋のJR・東武連絡線は、架線に電気が通っていないデッドセクションがあることから、JR貨物のディーゼル機関車が担うことになったか。

今回の川崎重工業出場500系リバティ搬入は、DD200+500系リバティが栗橋連絡線を経てJR線から東武線へ入り、進行方向を逆転。

DD200が押し込むかたちで栗橋駅ホームに入れる。その先で待機していた東武鉄道のDE10が後部に連結し、DD200は解放。