GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】
拡大する(全7枚)
E259系「成田エクスプレス」イメージ(写真:鉄道チャンネル編集部)

前半は低温や雨天の日があったものの、後半はおおむね天候に恵まれた2022年のゴールデンウィーク(GW)。3年ぶりで移動制限がなく、JRグループ旅客6社や大手私鉄の輸送実績は前年を大きく上回ったようです。本サイトをご覧の皆さんは、どのようにお過ごしでしたでしょうか。

私がGW中に〝乗り鉄〟したのは、JR東日本の成田エクスプレス(N’EX)。N’EXは八王子、池袋、新宿、大船発、東京を経由して成田空港を結ぶ空港特急ですが、出かけたのは海外でなく千葉県香取市の農園リゾート。コロナ禍でブームになったソロキャンプ、そして豪華版のグランピングを体験しました。

一般には「クルマでキャンプ」ですが、宿泊場所や食材が用意されるクランピングなら鉄道利用も全然OK。本稿前半では成田空港の鉄道アクセスと、1991年のデビューから昨年で30周年を迎えたN’EXの歩み、後半で「電車でキャンプ」をルポします。

開港時は京成東成田駅が「成田空港駅」だった

まずは成田空港の鉄道アクセスやN’EXの歴史から。空港開港は1978年5月ですが、当初は直行の鉄道アクセスがありませんでした。京成電鉄は現在の東成田駅が終点。出発客は、そこから有料のアクセスバスに乗り換えて空港にむかいました。

なぜ京成は空港に入れなかったのか。一番の理由は、国鉄の成田新幹線が空港直下に乗り入れることになっていたからです。


この記事の画像

「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像1 「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像2 「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像3 「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像4
「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像5 「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像6 「GWは電車で農園リゾートへ 用途広がるN’EX 幻の「成田新幹線」や鉄道アクセスの歴史も紹介します【コラム】」の画像7