西武が導入する「サステナ車両」とは?
拡大する(全2枚)

西武HDが2022年5月12日に発表した2022年3月期の決算補足説明資料に「サステナ車両」という文言が記載されており、鉄道ファンの間で大きな話題を呼んでいます。現時点で分かっていることをまとめてみました。

西武が導入する「サステナ車両」とは?の画像はこちら >>
「2023/3期の取り組み内容」の「中期経営計画における取り組みの進捗状況(経営改革)」に記載。(画像は西武HDの2022年3月期決算補足説明資料「2022年3月期 決算実績概況および『西武グループ中期経営計画(2021~2023年度)』の進捗」から)

「鉄道車両については、引き続き車両運用の見直しや買い替え計画を組み合わせ、保有車両数を適正化するとともに、 新造車両に限らず、環境負荷の少ない『サステナ車両 ※1 の導入』を進め、省エネ化、固定費削減を前倒しで実現」(同資料から)

この「サステナ車両」については、「※1 無塗装車体、VVVFインバーター制御車両等の他社からの譲受車両を当社独自の呼称として定義」と記されており、導入効果としては「メンテナンスの効率」「使用電力量の削減」「車両リサイクルによるサステナビリティへの貢献」の3点が挙げられています。

目指す方向は「車両数の適正化」「無塗装+VVVF車両比率の向上」で、2022年度末までに車両数を1,227両に削減するとともに、無塗装+VVVF車両比率を56.2%に引き上げる予定です。ただし「2022年度末の導入予定には他社からの『サステナ車両』の譲受は含んでいない」とも書かれており、導入時期は分かっていません。


この記事の画像

「西武が導入する「サステナ車両」とは?」の画像1 「西武が導入する「サステナ車両」とは?」の画像2