IFA と Obyte が提携、分散型台帳技術を活用した次世代型銀行の実現をめざす

IFA と Obyte が提携、分散型台帳技術を活用した次世代型銀行の実現をめざす

IFA と Obyte(旧Byteball)は、3月20日に業務提携の覚書を締結。

東アジア初の拠点を日本に設置し、ブロックチェーンをはじめとする分散型台帳技術(DLT)を活用した次世代型銀行『AIre BRIDGE(アイレブリッジ)』の実現をめざす。

ブロックチェーン技術を活用したプロダクトや「aireVOICE」(https://aire-voice.com/)などを提供する IFA は、業界最大級のコミュニティを持つ Obyte のDAG技術を活用し、「特定の機関に頼らない透明性の高い取引・データ管理」を実現。ユーザー主体の利便性に特化した次世代型銀行を展開する構え。

一括管理型の帳簿システムから脱却

この次世代型銀行 アイレブリッジは、サービス事業者やシステム管理者などでもデータ改ざん・変更ができない、分散型台帳技術を活用。

従来の銀行のような一括管理型の帳簿システムから脱却する新しい銀行といわれる。

IFA と Obyte は、自身のデータ管理を他者に預け、特定の機関に依存する集中型システムではなく、すべての人が主導権を持てる分散型システムの実現をめざす。

分散型台帳技術は、ネットワークを通じて同じ機能を複数用意するため、全ユーザーが平等に情報を活用・保管でき、自律分散型の社会をつくり、不正を防ぎ、透明性・安全性の高い取引が可能に。

Obyte が手がける DAG(有向非循環グラフ)技術は、取引をチェーンに直接ポストできるという仕組み。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年3月25日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。