電通が世界24か国で国際比較、デジタル社会指標とデジタルニーズ充足度で日本は……!?

電通が世界24か国で国際比較、デジタル社会指標とデジタルニーズ充足度で日本は……!?

電通イージス・ネットワーク(英ロンドン)は、オックスフォード大学の研究機関 Oxford Economics と共同で、世界24か国、4万3,000人が自国について回答する形式で実施した調査と二次データにもとづく分析を行ない、「デジタル社会指標」と「デジタルニーズ充足度」を発表。

デジタル社会指標は、各国内で、社会・人々に資するデジタル経済がどの程度構築されているかを示すもの。

“人”視点で捉えた当社独自の3つの分析軸、「ダイナミズム(デジタル経済の成長度合い・活力)」「インクルージョン(デジタル成長の恩恵を受ける層の広さ、人々のデジタル活用度)」「トラスト(成長の基盤となるデジタル社会への信頼度)」を活用し「Digital Social Index(DSI)」スコアとして指標化。

また今回初となるデジタルニーズ充足度は、デジタル経済が人々のデジタルニーズを満たしているかどうかを示すもの。

電通がマズローの欲求段階説を参考に独自開発した「基本的ニーズ」「心理的ニーズ」「自己実現ニーズ」「社会課題解決ニーズ」という4つの切り口で、各国別に測定した。

日本はインクルージョンとトラストが最下位レベル

この結果、日本は「デジタル成長の恩恵を受ける層の広さ、人々のデジタル活用度」(インクルージョン)と、「成長の基盤となるデジタル社会への信頼度」(トラスト)が世界でも最下位レベルであることがわかった。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年4月11日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。