世界20か国・地域、日本は「行きたい旅行先」で1位_電通 ジャパンブランド調査2019 で

世界20か国・地域、日本は「行きたい旅行先」で1位_電通 ジャパンブランド調査2019 で

電通は、2018年12月に20か国・地域で「ジャパンブランド調査2019」を実施。その結果を発表した。

このジャパンブランド調査2019は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業の一環。

対象となった20か国・地域は、中国(グループA=北京、上海、広州、グループB=深圳、天津、重慶、蘇州、武漢、成都、杭州、大連、西安、青島)、香港台湾韓国、インド、シンガポールタイインドネシアマレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ(北東部・中西部・南部・西部)、カナダ、イギリスフランスドイツ、イタリア、ロシア、トルコ。

おもな結果は次の6つのトピックス。

(1)20か国・地域全体で、日本は「行きたい旅行先」でNo.1。訪日意向は欧州エリアの国々の伸びが顕著に。

(2)2025年大阪関西万博は、すでに認知が約5割、「見に行く予定・見に行きたい」人は約4割。

(3)訪日の阻害要因は、20か国・地域の全体では「費用」「言葉」「距離」がトップ3。東アジアでは「震災の影響(放射能など)が心配」「地震や豪雨など、自然災害が起きるのが心配」「費用」がそのトップ3。

(4)日本製品が持つイメージの競争優位性は「ハイテク」「高性能」「信頼できる」。2015年と比較すると「こだわりがある」「他にはない(Onlyone)」が大きく増加。

(5)今後使ってみたい日本ブランドのカテゴリーでは「健康食品・飲料」「化粧品」「医薬品」が上位に。特に「健康食品・飲料」は台湾・香港・イタリアで関心が高い。


あわせて読みたい

気になるキーワード

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年4月15日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュース

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。