抽象的過ぎるかな【鉄道趣味の周辺】その4

抽象的過ぎるかな【鉄道趣味の周辺】その4

『騎士団長殺し』のテーマは何なのか定かではありませんが、いずれにしても村上春樹さんが常に描くのは世界の危うさ=不安定さを「救うこと」だと思います。別の言い方をすれば「崩壊と修復」のプロセスです。

極端ですが、全てのムラカミ作品が短編”かえるくん、東京を救う”の変奏曲なのです。というか、私はいつもそう思いながら作品を楽しんでいます。

だから主人公や登場人物は「かえるくん」的に抽象的ですし、起きる出来事も荒唐無稽であって構わないのです。『海辺のカフカ』がその辺りを典型的に描いていました。暫定的に世界を侵すものとして「悪のようなもの」が登場しますが、主人公の少年とは微妙に隔絶されています。

抽象的過ぎるかな【鉄道趣味の周辺】その4

言い換えれば「世界の不安定、崩壊と修復」はドラマチックに日常的に「他所」で起きていることなのです。特にムラカミさんの短編では「他所であること」のスケッチが作品になっているものがあります。「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」なんて典型ですよね。

「崩壊と修復」に当事者として立ち会う主人公と、このカフカ少年の様に「世界の終わり」側から並走する場合があるのです。『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』はそれを典型的に描いた作品でした。

抽象的過ぎるかな【鉄道趣味の周辺】その4

『騎士団長殺し』では、老画家が若い頃市新気鋭の洋画家としてヨーロッパパリではなくウィーンに留学し、おそらくナチス絡みの政治的事件に巻き込まれ日本に送還されます。戦中は沈黙を守り、戦後に新進の日本画家に変身して世間的な評価を得て大家ととなります。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年5月4日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。