約100年の歴史を持つ木造駅舎が引退、5/25から仮駅舎に切り替え

約100年の歴史を持つ木造駅舎が引退、5/25から仮駅舎に切り替え

(※西駅舎の画像は南海電鉄のプレスリリースから)

南海電鉄は5月15日、諏訪ノ森駅西駅舎を閉鎖し、建設中の仮駅舎に切り替えると発表しました。仮駅舎の供用開始は5月25日始発列車から。現在の西駅舎はその前日24日の営業運転終了をもって閉鎖となります。

諏訪ノ森駅は1907年(明治40年)に開業(当時の駅名は「北濱寺」)。1919年(大正8年)に駅が移設され現在の西駅舎が建設されました。以後およそ100年にわたって現役で使われており、1998年(平成10年)には浜寺公園駅駅舎とともに大手私鉄で初めて国の登録有形文化財として登録されました。

堺市が主体となって進められている「南海本線(堺市)連続立体交差事業」のための閉鎖となります。諏訪ノ森駅は本事業により高架化される予定です(事業完了は2028年3月予定)。

あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。