海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10

海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10
※2016年6月撮影

現用ホーム、柵の向こうにホームが続いていますが入れません。車止めの終端部があります。この先、線路が延伸される日がとても楽しみです。このまま直進すると阿字ヶ浦水浴場に突き当たってしまいます。延伸は左(西)の方にカーブして進むコトになります。延伸計画、進捗が気になりますね。

海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10

手前ホームの駅名標。温泉が近くにあること(旅館・民宿がたくさんあります)、釣り針と海藻、そして茨城県の代表的な食材のアンコウが描かれています。1928年(昭和3年)開業。夏の海水浴も良いけれど、季節外れの海を眺めて美味しい魚と温泉も、そそられますねぇ。

ところで「国営ひたち海浜公園」って「水戸射爆場跡地」なんですね。戦後の昭和21年(1946年)から昭和48年(1973年)までの27年間米軍の訓練用射爆場だったのです。知りませんでした。

海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10

現用ホームからバリアフリーのスロープと留置されている車両。

海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10

トップ画像の約3年後のキハ222。海辺に近いためか塗装の劣化が激しいです。駅から海までは200mちょっとでしょうか。かつては駅で水着に着替えられる様に廃車両が置かれていたのです。

海浜に近いためか塗装の劣化が激しい【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その10

昭和37年(1962年)富士重工で製造された車両。北海道の羽幌炭礦鉄道で使われていましたが昭和45年(1970年)に廃止となり翌年茨城交通湊線に購入されました。旧国鉄キハ22形と同型、運転席の旋回窓は雪国の車両の特徴です。平成27年(2015年)に運転を終了。阿字ヶ浦駅に静態保存されています。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。