「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

先日の記事でも紹介した新幹線による産物輸送の実証実験に行ってきました。

この記事、公開直後に「新幹線版の鮮魚列車では!?」という反応をたくさんいただきました。現代で鮮魚列車といえば、やはり近鉄の運行する日本で唯一の行商専用列車を連想します。以前も記事にしましたが、現在ではこの鮮魚列車に乗車するツアーもたびたび企画・開催され、好評を博しているようです。

とはいえ今回の実証実験はその鮮魚列車とは特に関係ありません。手掛けるのはJR東日本スタートアップ株式会社と水産物の卸・小売を手がけるフーディソン。今回は宮古からウニを、佐渡から甘エビを、それぞれ新幹線で輸送します。

岩手から品川へ

「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

東北新幹線の「やまびこ44号」が東京駅へやってきました。輸送には業務用のスペースを活用するとのことで、5号車の4号車寄りドアにて荷おろしが行われます。

「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

発泡スチロールの箱入りなのでぱっと見では海産物と分かりませんが、これは宮古市魚市場からJR盛岡駅を経由して運ばれてきたウニ。実験ということで今回は数箱のみです。東京駅で荷下ろしされたウニはそのまま品川の「sakana bacca」エキュート品川店へ輸送されます。

「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

到着した海産物の販売風景がこちら。左隣はこれまた新幹線で輸送された佐渡の甘エビ。

「やまびこ」に乗った”ウニ” 新幹線を使った海産物輸送の可能性を探る

ウニは殻付き・瓶入りどちらも買えるようになっています。その気になれば甘エビと一緒に買っていくことも出来ますね。

最高の状態で食べたいなら現地に行かなければなりませんが、我々は身一つですので、宮古でウニを食べると佐渡の甘エビを、佐渡で甘エビを食べると宮古のウニを諦めなければなりません。その両方をほぼ獲れたての状態で、しかも都内で購入できるのは大きなメリットと言えるでしょう。ネットで予約すれば買い損なうこともありません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年6月11日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。