“ビットバレー”への大いなる助走? 東急電鉄、IT企業4社および渋谷区と連携し次世代教育モデルを展開を目指す

“ビットバレー”への大いなる助走? 東急電鉄、IT企業4社および渋谷区と連携し次世代教育モデルを展開を目指す

東急電鉄は6月17日、渋谷のIT企業4社(サイバーエージェント、DeNA、GMOインターネット、ミクシィ)、渋谷区教育委員会と「プログラミング教育事業に関する協定」を締結し、「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」を推進すると発表しました。

「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」における東急電鉄の役割は全体の運営・取りまとめや行政・大学などの調整。カリキュラム開発や教育支援などは渋谷エリアのIT各社が、渋谷区教育委員会が区立小・中学校との橋渡しを行います。

“ビットバレー”への大いなる助走? 東急電鉄、IT企業4社および渋谷区と連携し次世代教育モデルを展開を目指す

渋谷区は2019年5月1日現在、生徒約8,500人に一人一台セルラータブレットを配布するなど、渋谷ICT教育システム「渋谷区モデル」を推進しており、新学習指導要領に基づくプログラミング教育に力を入れています。

東急電鉄の狙いは渋谷区立小・中学校でのプログラミング教育の充実を図り、次世代に必要な資質・能力を持った人材を渋谷から排出すること。

“ビットバレー”渋谷

1990年代半ばから2000年代初頭にかけて、今回の協定に参加したサイバーエージェントやDeNAのようなIT企業が続々渋谷に集結していました。一例を挙げると、ホリエモンで知られるライブドアもかつて本社を構えていたのは渋谷です。

当時のムーブメントから、東京・渋谷のIT関連ベンチャー企業が集中する地域は「ビットバレー」と呼ばれました。提唱したのは「ネットエイジ(現:ユナイテッド)」創業者の西川潔氏。「”渋”=ビター」「”谷”=バレー」をつなげた「ビターバレー」とデジタルデータの単位である「bit(ビット)」を掛け合わせ、渋谷を米国のシリコンバレーのようなIT集積地になぞらえたものです。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年6月21日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。