耳鳴りで悩む人は300万人超、推奨する治療を専門医がアドバイス_国内初の診療ガイドライン発刊

耳鳴りで悩む人は300万人超、推奨する治療を専門医がアドバイス_国内初の診療ガイドライン発刊

千匹のセミがいっせいに鳴いてるような音、不安をあおるような心拍の音、キーンととがった音、ザーッという崩れる音……。

これ、みんな耳鳴りの症状。実は国内には、全人口の15~20%の人たちが耳鳴り(みみなり)に悩まされているという。

こうしたなか、一般社団法人 日本聴覚医学会は、国内初となる「耳鳴診療ガイドライン」(金原出版)を刊行。

「潜在的に300万人を超えるといわれる耳鳴り患者への対応に必携の一冊」という同書の発刊を機に、耳鳴りに悩む患者の現状について報道向け説明会を、7月18日、都内で実施。

同ガイドラインの著者のひとり、神崎晶(慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室 専任講師)医師が、耳鳴に悩む人への診断・治療のトレンドを伝えた。

うつ病などで耳鳴りを難治化させないように

耳鳴りで悩む人は300万人超、推奨する治療を専門医がアドバイス_国内初の診療ガイドライン発刊

神崎医師はまず、耳鳴りの標準的治療について、教育的カウンセリング、音響療法、認知行動療法を経て、薬物療法や環境音・サウンドジェネレーター(耳鳴り治療器)・人工内耳などを検討していくという。

なかでも重要なのは、カウンセリングと音響療法と神崎医師。耳鳴り患者は、認知制御が低下し、ネットワークスイッチが低下することでネガティブ感情ばかりがでてくると、耳鳴りのことばかりを気にするようになるという。

うつ病などとともに悪循環に陥らないようにカウンセリングし、ホワイトノイズや波の音などの音響療法(最低3か月~)で耳鳴りを気にしないように、緊張しないようにする。うつや不安傾向、情動障害などで耳鳴りは難治化・重症化をきたすともいわれている。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年7月18日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。