待望の木造駅舎 富山地鉄全駅探訪9【50代から始めた鉄道趣味】100

待望の木造駅舎 富山地鉄全駅探訪9【50代から始めた鉄道趣味】100
※2019年7月撮影

トップ画像は、下り上市駅行普通電車が入線してきたタイミング。富山地方鉄道14760形電車、地鉄初の冷房車両、1980年(昭和55年)には鉄道友の会のローレル賞を受賞しています。

越中荏原駅から2.3kmで越中三郷駅。待望の木造駅舎です。駅舎には右書きで「驛郷三 鐵電山富」と表示されています。1931年(昭和6年)に開業した時のままなのですね。素晴らしい!約80年という、この駅を流れたゆったりした時間を感じます。

待望の木造駅舎 富山地鉄全駅探訪9【50代から始めた鉄道趣味】100
※2019年7月撮影

こぢんまりした切妻屋根が美しい駅舎です。流石に瓦は新しく葺き替えられたものでしょう。左には駐輪場。右に見える電話ボックスというのも今や希少価値を感じます。月極駐車場、駐輪場(80台)、水洗トイレなど整備されています。

待望の木造駅舎 富山地鉄全駅探訪9【50代から始めた鉄道趣味】100
※2019年7月撮影

駅舎に入ると左手にかつての出札窓口の跡、正面は改札口でホームに出ます。その上に昔の時計の跡らしきモノも見えます。お婆ちゃんたちが立ち話中でした。右側は待合室。時刻は午前11時10分です。

待望の木造駅舎 富山地鉄全駅探訪9【50代から始めた鉄道趣味】100
※2019年7月撮影

待合室では爺様がパッパカ煙を吐きながら寛いでおられます。もちろんですが、禁煙と表示はされています。むしろ大切な古い木造駅舎なので火事がちょっと心配になりました。右がホームへの改札口。駅員さんはいません。この後、煙草を喫い終わった爺様にお婆ちゃんたちも合流して「暑いねぇ、梅雨が明けたね~」と話が盛り上がっていました。待合室にエアコンディショナーはありませんが外より少しは涼しい様でした。この前日、北陸は梅雨が明けたのです。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年9月19日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら