方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

中央林間駅を出発。

方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

ここで方針を転換しました。先頭車両の運転席後ろにお客さんの姿を散見する様になってきたのです。「前面展望を撮りたいのでどいてください」とは言えません。ところが、同じ各駅停車でも空いている列車と混んでいる列車でかなり差があることに気付きました。おそらくそれまでの駅での接続する他社線や路線バスのタイミングなどで違っている様なのです。

そこで空いている電車が来たら、前面展望の場所を確保して、眼鏡クリーナーでガラスを拭いて、行けるところまで前面展望を撮りながら行っちゃおう、と言うコトにしたのです。

どうせ、帰路も藤沢駅経由なので帰りに全駅で降りて写真を撮りあがら戻ってくれば良いのです。これだと毎回先頭車両から跨線橋までホームを往復しなくて済みます。うん、これにしよう!

と言ふ理由で、林間エリアらしい緑を見ながら東林間駅に向かいました。

方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

中央林間駅から1.5kmで東林間駅です。

方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

相対式ホーム2面2線と跨線橋という鉄壁パターンですが、方針転換した途端に跨線橋は先頭車両側にありました。そんなモンですね。

方針転換しました 【駅ぶら01】小田急江ノ島線19

ここからは、このまま前面展望を撮りながら登戸駅まで行って、その帰りに一駅ずつ下車して戻ってきたタイミングでの写真になります。東林間駅は最後の駅でした。ほとんど薄暮、夕暮れ時になっていました。

駅名標。南・中と同様に東林間駅も小田急創生期の「林間計画」に基づいて1929年(昭和4年)に設置され、計画の頓挫で1941年(昭和16年)に東林間駅に改称されています。1945年(昭和20年)にはいったん営業休止になっています。おそらくその頃は現在の様に利用者も多くなかったのでしょう。4年後の1949年(昭和24年)に営業を再開します。1982年(昭和57年)には橋上駅舎と東西自由通路が完成して現在の姿になっています。急行は停まりません。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年11月19日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。