高輪ゲートウェイ駅に自律移動型警備ロボットや無人AI決済店舗など 実験的なサービス・店舗を導入 JR東日本

高輪ゲートウェイ駅に自律移動型警備ロボットや無人AI決済店舗など 実験的なサービス・店舗を導入 JR東日本

JR東日本は12月3日(火)、来春暫定開業する高輪ゲートウェイ駅のデザインや設備などの概要を発表しました。

駅デザインは「和」のテイストを感じさせるものですが、駅構内では近未来的・実験的な設備・機器が稼働します。様々な環境保全技術、AIを活用した自律移動型の案内ロボットや警備・清掃ロボット、さらにQRコードを読み取る改札機など、鉄道ファンならずとも目を引くものが多々登場するようです。

構内店舗には無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」が常設店として初登場。商品を手に取るだけでウォークスルーのお買い物が出来るようになります。

2020年3月頃には高輪ゲートウェイ駅近くにまちづくりの現地拠点である「TokyoYard Building」を開設。2020年度には駅の開業と同時にまちづくりに向けた準備工事を開始し、建物工事にも本格的に着手します。

「和」の駅デザイン

高輪ゲートウェイ駅に自律移動型警備ロボットや無人AI決済店舗など 実験的なサービス・店舗を導入 JR東日本
駅舎内部

日本を代表する建築家・隈研吾氏をデザインアーキテクトに迎え、国際交流拠点の玄関口として随所で「和」を感じられるデザインに。

折り紙をモチーフにした障子を想起させる大屋根、象徴的な吹き抜け、大きなガラス面で駅と街の一体化を感じられる空間を実現します。

駅レイアウト・設備

高輪ゲートウェイ駅に自律移動型警備ロボットや無人AI決済店舗など 実験的なサービス・店舗を導入 JR東日本
駅レイアウト 画像:JR東日本

山手線、京浜東北線各ホームにホームドアを設置。エスカレータは各ホーム3基。ホーム階とコンコースを移動する改札内エレベータは各ホームに24人乗り1基、18人乗り1基。2階と3階を移動する改札外エレベーターは11人乗り1基設置します。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月3日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。