4G周波数帯の入札をやり直し、ジャスミン巨額融資得られず

 昨年12月に行われた第4世代(4G)サービスに関する900MHz帯の競争入札で、757億バーツで落札したジャスミン・インターナショナル(JAS)が金融機関から融資を得られず、再入札が行われることが決まった。
 

タイ地元紙によると、本日(21日)午後4時30分までに、落札額の一部を支払い(80億4000万バーツ)と金融機関からの融資保証をタイ国家放送通信委員会(NBTC)に提出する必要があったが、金融機関から巨額融資の許可を得られなかったそうだ。

このことからNBTCは、4ヶ月後に再び同周波数帯の競争入札を行う。

NBTCは昨年、4G周波数帯の900MHzと1800MHzの2帯域、4件の競争入札を行った。JASのほか、アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)が約410億バーツ、トゥルー・コーポレーション(TRUE)が約398億バーツと約763億バーツで2件落札している。

タイランド通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク