電気自動車関連の投資優遇、月内に閣議提案

 タイ財務省は、電気自動車(EV)の投資優遇措置を近々閣議で提案する方針だ。
 

タイ地元紙によると、アピサック財務相は、タイ投資委員会(BOI)、工業省らの関係者と話し合いを行なったことを明かしており、今月中に投資優遇の条件等をまとめた上で、閣議提案するそう。

インドネシアやフィリピンが電気自動車関連の投資促進を狙っており、タイもライバルの近隣諸国に乗り遅れないよう準備を進めている。

優遇措置は、法人税を最長13年免除、工場建設中の2年間は完成車の輸入関税と物品税を免除などが盛り込まれる予定だ。

あわせて読みたい

タイランド通信の記事をもっと見る 2017年3月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら