11月の消費者信頼感指数、3ヶ月連続で悪化

 タイ商工会議所大学(UTCC)経済ビジネス予測センター(CEBF)によると、2018年11月の消費者信頼感指数が前月の81.3から80.5に悪化した。3ヶ月連続で悪化した。
 

経済全般、求職機会、将来の収入の信頼感指数は、それぞれ前月の68.4から67.5、76.5から75.6、99.0から98.4に悪化した。

農産品価格の下落、中国人観光客の減少、米中貿易摩擦への懸念などが悪化した理由。

あわせて読みたい

タイランド通信の記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。