第2四半期のGDP成長率、プラス2.3%と鈍化

 タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)によると、2019年第2四半期(4~6月)におけるGDP成長率が前年同期比プラス2.3%となった。前期のプラス2.8%から成長率が2期連続で鈍化した。
 

また同委員会は、今年のGDP成長率見通しをプラス3.3~3.8%からプラス2.7−3.2%に引き下げた。米中貿易摩擦、水不足による農作物への影響懸念が引き下げの理由。

ただ下半期は、新政権の樹立によって、新たな景気刺激策が打ち出されることが予想されるため、若干上向く可能性もあると見ている。

あわせて読みたい

タイランド通信の記事をもっと見る 2019年8月19日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら