大気汚染深刻化で政府が対策会議、交通量制限も

 タイ政府は本日(14日)、最近大気汚染の状況を測る指数の一つである粒子状物質(PM2.5)の数値上昇を受け、対策会議を行う方針だ。
 

タイ地元紙によると、ワラウット天然資源・環境相は、バンコク都内の大気汚染の72%は自動車による影響としており、勧告を参考に自動車の交通量を制限する案を導入するか検討すると語っている。

ただしこの措置を導入したとしても、経済に悪影響を及ぼすおそれがあることから、PM2.5の数値がかなり危険なレベルに達した時のみ実施する緊急措置とするそうだ。

あわせて読みたい

タイランド通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。