飲食店で従業員不足に、外国人労働者などが戻ってこず

 バンコク都内を中心に多くの飲食店で、従業員不足が問題になっているようだ。
 

タイ地元紙によると、バーガーキングやピザ・カンパニーなどを展開するマイナー・フード・グループは、新型コロナウイルスの影響で多くの店舗を一時閉店したが、現在はすでに再開し客足は戻ってきているそうだ。

ただし一部の従業員が里帰りしたまま戻ってこないため、深刻な従業員不足になりつつあると明かしている。

また日本食ZENを展開するゼン・コーポレーションも同様に、飲食事業は回復傾向にあるが、従業員不足が問題になっているとのこと。

タイ政府によるロックダウンの影響で、近隣国からの外国人労働者が再入国しづらい状況にあること、タイ人に不人気な職業であることが、この問題の背景にあるようだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

タイランド通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク