住友物産、タイで太陽光発電事業に参入

 住友物産は本日(29日)、タイで大規模太陽光発電事業に参入すると発表した。そのため今年9月にロジャナ・エナジーに30%出資したとのこと。
 

出資先のロジャナ・エナジーは、中部アユタヤ県のロジャナ工業団地内に77万平方メートルの土地を確保し、最大出力2万4000キロワットの発電能力を有する太陽光発電設備を設置し、発電事業を行う。 同太陽光発電所の稼動により、一般家庭一万世帯分の使用電力を賄え、また、年間で最大22,000トンのCO2削減効果も期待できるとしている。

あわせて読みたい

タイランド通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。