タイ人からみる友好国2位に中国−NIDA調査

       

 タイ国立開発行政研究院(NIDA)の世論調査NIDAポールが、今月25−26日に全国の大卒者1251人を対象に行なった調査で、タイと友好的な国トップに41.09%でASEAN諸国が選出された。
 
 

2位は中国の32.69%、3位は日本の11.91%、4位はアメリカの3.12%、5位はオーストラリアの1.84%と続いた。

軍事クーデターが起きて以降、欧米諸国がタイへの批判を繰り返していることが、反米意識が高まった理由とみられる。

アメリカが軍事クーデターを批判し軍事的援助を中止することについて、55.96%が全く心配していない、16.47%があまり心配していないと回答した。一方18.78%が少し心配している、8.55%とても心配していると回答した。

当時の記事を読む

タイランド通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。