ベンゼマは「世界最高の9番」 ジダン監督がハット体制のエースを大絶賛

ベンゼマは「世界最高の9番」 ジダン監督がハット体制のエースを大絶賛

ベンゼマに絶対の信頼を寄せるジダン監督 photo/Getty Images

名将の復帰で完全に調子を取り戻したベンゼマ

レアル・マドリードの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督が、チームのエースストライカーを絶賛している。

21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節で、アスレティック・ビルバオをホームへ迎え入れたレアル。なかなかゴールを奪うことができず、スコアレスのままハーフタイムを迎えたが、後半に入るとFWカリム・ベンゼマが圧巻のゴールラッシュを披露した。

後半開始直後の47分、左サイドの深い位置でボールを受けたマルコ・アセンシオのクロスを頭で合わせ、均衡を破ったベンゼマ。76分にも右CKを、再び頭で合わせてこの日2点目をゲットした。さらに終了間際の90分には、ペナルティエリアを飛び出してクリアをしようとした相手GKのミスから、勝利を決定づける3点目のゴールを決め、ハットトリックを達成したのだ。ベンゼマの活躍により、レアルがビルバオを相手に3-0の勝利を収めている。

試合後、インタビューに応じたジダン監督は、チームを勝利へ導いたベンゼマについて「私にとって、カリムは世界最高の9番だ。他にも素晴らしい選手がたくさんおり、他の人々は違う選手を選ぶかもしれないがね。彼がここ10年で成し遂げてきたものを考えれば、すべての意味がわかるはずさ。彼のゴールは印象的だったし、私は彼のプレイに満足している。彼は自分に自信を持っており、常に向上しようともしているしね」とコメント。米『ESPN』などが伝えている。

ジダン監督が復帰して以降、6試合で8ゴールを記録し、完全に調子を取り戻したベンゼマ。レアルが得点を記録した直近の8ゴールすべてが同選手のゴールであり、連続得点記録でクラブの歴史に名を刻んでいる。来季の巻き返しにつなげるためにも、チームとしても、個人としても少しでも結果を残して今季を終えたいところだが、シーズン終了までこの好調を維持することができるのか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年4月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。