元千葉・エスナイデル氏が鳥栖の新監督に? SNSで大きな話題、いったいなぜ

元千葉・エスナイデル氏が鳥栖の新監督に? SNSで大きな話題、いったいなぜ

3月に千葉の指揮官を解任され、現在フリーとなっているエスナイデル氏 photo/Getty Images

鳥栖のアカウントをフォロー

ジェフユナイテッド千葉の前監督であるフアン・エスナイデル氏が、再び日本で指揮を執るかもしれない。

現役時代にレアル・マドリードアトレティコ・マドリード、ユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、アルゼンチン代表としてもプレイしたことがある現在46歳のエスナイデル氏。引退後は指導者への道に進み、サラゴサのBチームやコルドバ、ヘタフェでの指導を経て、2017年に千葉の指揮官に就任した。選手のコンディションや食事メニューを徹底的に管理し、「ハイライン&ハイプレス」の攻撃的戦術で千葉のJ1復帰を目指すが、結果は振るわず。初年度こそ6位でシーズンを終え、J1昇格プレイオフ進出を果たしたが(準決勝で敗退)、2年目は14位と低迷した。立て直しが期待された3年目の今季も開幕戦から苦しい戦いが続き、明治安田生命J2リーグ第4節終了した時点で2分2敗。21位と降格圏内に沈んでいたことに加えて、4試合で10失点と守備が崩壊していることもあってか、3月中旬に指揮官を解任された。

そんなエスナイデル監督の新天地候補として噂になっているのが、J1第10節終了時点で1勝1分8敗で最下位に沈むサガン鳥栖。先日ルイス・カレーラス監督が退任し、金明輝コーチが指揮官に昇格したばかりだが、SNS上では近い将来エスナイデル氏が鳥栖の指揮官に就任するのではないかと大きな注目を集めている。

というのも、エスナイデル氏が自身のInstagramで、Jリーグのクラブとしてはなぜか無縁とも思われる鳥栖のアカウントを唯一フォローしていることが判明。攻撃力不足が露呈しているチーム状況で、攻撃的サッカーを売りとしている指揮官との接点に、多くのファンが反応している。かてて加えて、同氏は解任後、キャリアの多くを過ごしたスペインへ戻っていたようだが、5月7日に更新したInstagramで家族と一緒に浅草寺や箱根を観光していることを報告。フォローしている鳥栖が監督人事でゴタゴタしているタイミングで日本を訪れていることもあり、SNS上で話題となっている。

Twitterではたくさんのファンがこの件についてつぶやいており、「何かが起こる前触れなのか」や「エスナイデルのサッカーがJ1で見られるのか」、「鳥栖ナイデル。得点力不足解消だ!」といった就任を期待する一方で、「新しい監督を発表したばかりだからさすがにない」といったコメントもある。金監督を暫定指揮官として昇格させたわけではなく、正式に就任会見も行なっているため、現実的にはかなり厳しそうだが、はたしてエスナイデル氏の電撃就任はあるのか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年5月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ベガルタ仙台」のニュース

次に読みたい関連記事「ベガルタ仙台」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。