左にロナウド、右にディバラ ”サッリ・ユヴェントス”のスタメン予想

左にロナウド、右にディバラ ”サッリ・ユヴェントス”のスタメン予想

ユヴェントスはどう変わるのか photo/Getty Images

英メディアがさっそく予想

ユヴェントスの指揮官にマウリツィオ・サッリが就任することになった。サッリはチェルシーでも自身の哲学を貫いたように、かなり頑固なタイプの指揮官だ。恐らくはユヴェントスでも独自の色を早い段階から打ち出してくるだろう。

気になるのは、どんなイレブンを選択するかだ。英『TalkSport』はさっそくサッリ・ユヴェントスのスタメン予想を展開しており、サッリ・ボールがチームにどう浸透していくのかを楽しみにしている。このスタメンは今夏の補強まで予想して作成されており、実現の可能性はそれほど高くないかもしれない。しかし、サッリ流の方向性を確認するくらいはできるだろう。

システムはお馴染みの[4-3-3]で、GKはヴォイチェフ・シュチェスニで変わらない。サイドバックにはナポリから教え子のエドゥアルド・ヒサイ、チェルシーからエメルソン・パルミエリを獲得すると同メディアは予想している。センターバックはレオナルド・ボヌッチと、エンポリ時代に指導したダニエレ・ルガーニがスタメンに入っている。

中盤はアンカーにチェルシーからジョルジーニョを引き抜くと予想。とはいえ、ここはミラレム・ピャニッチでも担当できるだろう。インサイドハーフにはアーセナルから合流するアーロン・ラムジー、そして復帰案も噂されるマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバを大胆にも予想に組み込んでいる。ポグバはナポリ時代のマレク・ハムシク役といったところだろうか。

前線は右にパウロ・ディバラ、左にクリスティアーノ・ロナウド、そして中央にはチェルシーにレンタル移籍しているFWゴンサロ・イグアインを復帰させる予想となっている。あるいはイグアインの代わりにインテルからマウロ・イカルディを獲る案もある。いずれにしても前線の顔ぶれは豪華だ。

果たしてサッリはユヴェントスをどう変えてくるのか。マッシミリアーノ・アッレグリとは違うスタイルとなるはずで、イタリア王者の変化が楽しみだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。