アーセナルの“悩みの種”にファン憤慨 「誰でもいいから彼を買ってくれ」

アーセナルの“悩みの種”にファン憤慨 「誰でもいいから彼を買ってくれ」

完全にファンからの信頼を失いつつあるムスタフィだが…… photo/Getty Images

プレシーズンのパフォーマンスも及第点以下

2018-19シーズン、プレミアリーグで5位に終わったアーセナル。攻撃陣こそ優秀なスタッツを叩き出したものの、守備面では総失点数が「51」。ディフェンスが弱点であることは明らかで、中でもたびたび凡ミスを犯したDFシュコドラン・ムスタフィには批判が集中した。

そんなムスタフィだが新シーズンに向けたウナイ・エメリ監督の構想には入っているようで、プレシーズンのバイエルン・ミュンヘン戦に先発出場している。しかし、この試合であまり良いパフォーマンスを披露できなかったこともあり、彼に対する風当たりはさらに強くなっているようだ。英『Daily Mirror』によると、多くのファンが来季のチームにムスタフィは不要と考えているようで、彼に対する厳しい意見がSNS上に多数投稿されているとのこと。同メディアはムスタフィのことを“悩みの種”と称し、ファンの投稿を紹介している。

「ムスタフィは最終ラインにいつも混乱と騒ぎをもたらしている」

「プレシーズンであるということはわかっているけれど、本当にムスタフィでは十分じゃない」

「移籍ウインドウが閉じる前に、誰でもいいから彼を買ってくれ」

「もっとチャンバースにチャンスを与えるべき。でなければ、昨季より多く失点を喫することになるぞ」

たしかに、ムスタフィの不安定さは否めない。しかし2018-19シーズン、彼は意外にもタックル数やインターセプト数、タックル成功率でリヴァプールのDFフィルジル・ファン・ダイクに匹敵するスタッツを叩き出している。もちろん、スタッツだけで選手を語ることは到底不可能だが、こういった一面があることも忘れてはいけない。

ファンからの信用を完全に失いつつあるムスタフィ。はたして、彼はここから巻き返すことができるのか。悔しさをバネに大活躍といきたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年7月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。