アジア最高級にアツい“真っ赤な埼スタ”で逆襲だ ACLはまだ浦和の手にある

アジア最高級にアツい“真っ赤な埼スタ”で逆襲だ ACLはまだ浦和の手にある

2年前はサポーターとともに優勝の喜びを噛み締めた photo/Getty Images

アル・ヒラルを2ndレグで吞み込める

浦和レッズはリーグ戦でも相変わらず苦しい戦いが続いているが、彼らにはアジア最高レベルの雰囲気を生み出す熱いサポーターがついている。

浦和は10日にアウェイで行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝1stレグでサウジアラビアのアル・ヒラルに0-1で敗れてしまった。相手にシュートを22本も打たれ、浦和側のシュートは僅かに2本。ポゼッション率も30%と低く、全てにおいて圧倒されたイメージだ。しかし、団結したホームの埼スタなら1点のリードを跳ね返すことなどイージーミッションだ。

『Globo Esporte』も、「浦和は1stレグを0-1で落としたが、後悔することは何もない」と1stレグの戦いを振り返る。22本のシュートを打たれながら1点に抑えることができたのは好材料で、0-1で折り返すのは決して悪いことではない。

両チームは2017年のACL決勝でも顔を合わせているが、その時はアウェイでの1stレグを1-1のドローで終えた。同メディアも浦和の戦いは当時と似ていると振り返る。

浦和はホーム&アウェイともに堅い守備をベースに試合を進め、前線に構えていたFWラファエル・シルバが1stレグと2ndレグの両方で1点ずつ奪って2試合合計2-1の勝利を収めた。今回はアウェイで得点を奪えなかったが、何とか相手の攻撃を1点に抑えてホームの埼スタに戻るシナリオは当時と変わらない。

「浦和はまだ生きていて、24日の2ndレグでは埼スタが熱狂的なサポーターでいっぱいとなるだろう」と同メディアは締め括っており、逆襲は十分に可能だ。リーグ戦では苦い思いを味わっているが、そうした空気を変えるためにもアジア王者の称号が欲しい。

アル・ヒラルの方が1点しか奪えなかったことに焦りを覚えている部分もあるはずで、逆襲の2ndレグに期待だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浦和レッズ 柏木陽介
  2. 浦和レッズ 槙野智章
  3. 浦和レッズ 移籍
theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年11月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事をもっと見る

「浦和レッズ + 阿部勇樹」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 阿部勇樹」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。