ドイツが認める“日本の光速ロケット” 怪我乗り越えた快速ウイングが主役へ

ドイツが認める“日本の光速ロケット” 怪我乗り越えた快速ウイングが主役へ

ザンクトパウリの宮市 photo/Getty Images

サッカー選手らしさを実感する充実のシーズン

ブンデスリーガ2部で13試合に出場して1得点3アシスト。成績はやや物足りないかもしれないが、26歳のFW宮市亮はザンクトパウリで充実のシーズンを過ごしている。

宮市は高校時代から大きな注目を集めていたスピードスターで、アーセナルへの移籍が決まった時には日本のサッカーファンに衝撃が走ったものだ。将来的には日本代表のエース候補になると考える人も多かったはずだが、残念ながら期待通りとはならなかった。

宮市のキャリアを妨害したのは度重なる怪我で、これまで何度も長期離脱を余儀なくされてきた。復活は難しいのではと思われる時期もあったが、26歳を迎えた宮市はついに本格ブレイクの時を迎えようとしている。

独『Hamburger Morgenpost』も、宮市が良いコンディションを維持している点に注目している。今季ザンクトパウリでは9月のオスナブリュック戦で35.17km/hのトップスピードを記録したことが話題を呼んだが、同メディアも宮市のことを「日本のロケット」と評している。ドイツでも圧倒的なスピードが認められているのだ。

攻撃的な選手として1得点3アシストの成績は納得のいくものではない。宮市本人も「より多くのアシストとゴールを決めないといけない」と口にしている。しかし、まずは怪我なくシーズンを戦えていることを喜ぶべきなのだろう。

「今は本物のフットボーラーと感じている」との宮市のコメントも紹介されているが、これまではピッチの上よりも屋内でリハビリをこなす時間の方が長かった部分もある。そこから考えると今季は大きすぎる一歩だ。

ザンクトパウリでも主力となっており、コンディション向上からゴール&アシスト量産へと目標は変わってきている。やや遠回りなキャリアにはなってしまったが、今からでも日本代表の主力になることはできる。2022カタールワールドカップで世界のDFを自慢のスピードでぶち抜く姿が見られれば言うことなしだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年11月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。