[粕谷秀樹]アーセナルの次期監督はマルセリーノが最有力 復活には多少の痛みも覚悟せよ

粕谷秀樹のメッタ斬り 024

[粕谷秀樹]アーセナルの次期監督はマルセリーノが最有力 復活には多少の痛みも覚悟せよ

現在、暫定指揮官としてアーセナルを率いるユングベリ監督(右)photo/Getty Images

英語力は基準を満たしているか

ウナイ・エメリを切り、若手とサポーターに人気があるフレドリック・ユングベリを新監督(暫定)に起用したにもかかわらず、アーセナルはリフレッシュできていない。エメリの時代の悪いイメージを引きずっている。一時しのぎではない新監督を、一刻も早く決めた方がいいね。

イギリスの高級紙『THE TIMES』は「新監督候補を12人リストアップ」と報じていた。ブレンダン・ロジャーズ、ミケル・アルテタ、パトリック・ヴィエラ、エディ・ハウ、カルロ・アンチェロッティ、ラファエル・ベニテス、ヌーノ・エスピリト・サント、マルセロ・ガジャルドといった現職から、マッシミリアーノ・アッレグリ、マウリシオ・ポチェッティーノ、マルセリーノ・ガルシアのフリーランスまで豪華なラインアップだ。そうそう、ユングベリも候補のひとりらしい。

エメリの失敗を踏まえると、英語力は絶対に必要だよ。英語はしゃべれて当然、みたいな感覚で接していた選手に問題があるとしても、やっぱりコミュニケーションを欠くとうまくいかない。ガジャルド、アッレグリ、マルセリーノは不安だな。英語力が基準を満たしているとは思えないからね。

次は経済面。現職を引き抜くと違約金が発生する。いま、エメリに違約金を支払っている。支出が増えるばかりだ。ロジャーズ、アルテタ、ヴィエラ、ハウ、アンチェロッティ、ベニテス、サントが消えた。

残る選択肢はポチェッティーノとユングベリだけだ。トッテナムの前監督はありえないでしょ。ファンの感情がエスカレートして暴動が起きる。じゃぁ、ユングベリで手を打つ? いや、やっぱり監督経験者が欲しいから、英語力の基準を落とすとか、少しでも支出をカバーするプラン……数人の選手を換金するとかね。多少の痛みは覚悟しなくちゃ。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。