GKを新たなレベルへ引き上げた カーン、マイヤーでも敵わぬノイアーの実力

GKを新たなレベルへ引き上げた カーン、マイヤーでも敵わぬノイアーの実力

バイエルンのノイアー photo/Getty Images

ノイアーの登場でGKの基準変わった

現バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、日韓ワールドカップでも活躍したオリバー・カーンなど、ドイツはいつの時代も優秀なGKを抱えてきた。しかし、バイエルンの守護神を務めるマヌエル・ノイアーだけは特別なのだ。

近年のノイアーはパフォーマンスレベルが落ちていると指摘されることもあり、グループステージ敗退に終わった2018ロシアワールドカップでも批判を浴びた。3月には34歳を迎えることもあり、鉄人ノイアーにも年齢の壁がきたのではないかと考える人が増えてきたのだ。

それでも、ノイアーがサッカー史に名を残すGKなのは間違いない。ブンデスリーガ公式によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOもノイアーだけは特別な存在と語る。

「私は全員を見てきた。ゼップ・マイヤー、カーン、そして今はマヌ。ゼップもオリも大いにリスペクトしているし、両者ともワールドクラスだ。だが、マヌエルがやってきたことは少し異なる。彼はGKを新たなレベルへ引き上げたのだ」

スイーパーGKなんて言葉も珍しいものではなくなってきたが、ノイアーはエリア外へ飛び出してボールを処理する術にも長けている。ノイアーの活躍でGKに求められる基準が変わり、より高度な技術が必要となったのは間違いない。エリア外へ飛び出してボールを処理する能力は、今の時代ではマストだ。

バイエルンは25日にブンデスリーガ第19節で好調シャルケをホームに迎える。シャルケといえば、若き守護神アレクサンダー・ニューベルが所属しているクラブで、ニューベルは来季よりバイエルンに加わることになっている。ノイアーにも世代交代の時が近づいているわけだが、それでも評価が色褪せることはないのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。