“C・ロナウド2世”と呼ばれた男たち 忘れられたストライカーの復活も

“C・ロナウド2世”と呼ばれた男たち 忘れられたストライカーの復活も
拡大する(全2枚)

“C・ロナウド2世”と呼ばれた男たち 忘れられたストライカー...の画像はこちら >>

パナシナイコスで復活の狼煙を上げるマケダ photo/マケダのInstagramより

未来のエース候補から、期待はずれだった選手まで

日本代表MF久保建英をはじめ「リオネル・メッシ2世」と呼ばれる選手は多いが、それと同じくらい「クリスティアーノ・ロナウド2世」と呼ばれる者も多い。

英『The Sun』がロナウド2世と呼ばれている者、呼ばれながら失敗した選手を数名取り上げているが、真のロナウド2世にふさわしい選手は誰だろうか。

1.ラファエル・レオン(ミラン/20歳)

ロナウドと同じくスポルティング・リスボンで成長したレオンは、昨夏ミランにステップアップ。まだ目立った結果は残せていないが、ポテンシャルは高い。何より188cmとサイズがあり、ここもロナウドと比較されるポイントだ。

2.フェデリコ・マケダ(パナシナイコス/28歳)

少々残酷だが、失敗例にも触れておこう。マケダはマンチェスター・ユナイテッドで華々しいスタートを切ったが、そのあとが全く続かなかった。移籍を繰り返すキャリアとなってしまい、現在はギリシャのパナシナイコスでプレイしている。

ただ、復活の兆しも見えてきている。マケダは今季リーグ戦23試合で12得点を記録しており、十分すぎる結果と言えよう。28歳にして輝くときを見つけたか。

3.ゴンサロ・グエデス(バレンシア/23歳)

グエデスはロナウドと一緒に2018ロシアワールドカップも戦ったポルトガル代表アタッカーだが、やや伸び悩んでいるか。パリ・サンジェルマンでプレイしていた時期もあるのだが、そこでも結果は残せず。もう若手と呼べる年齢ではなくなってきた。

4.フランシス・トリンコン(ブラガ/20歳)

すでにバルセロナと契約を結んでいるトリンコンは、レフティーということもあってメッシと比較される機会も多い。

しかし有望なポルトガル人アタッカーは等しくロナウドと比較されるものだ。前線どこでもプレイできることや体の強さも評価されており、ポルトガルの次期エース候補の1人か。

5.ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード/20歳)

ポルトガルシリーズはまだ続くが、ポルトガル人選手の中では最も評価が高い若手か。

アトレティコで結果を出せているわけではないが、1億2600万ユーロもの移籍金で動いたポテンシャルは本物と評価されている。チームスタイルさえ合えば結果を出せるはずだ。


この記事の画像

「“C・ロナウド2世”と呼ばれた男たち 忘れられたストライカーの復活も」の画像1 「“C・ロナウド2世”と呼ばれた男たち 忘れられたストライカーの復活も」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィールを見る
theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク