[粕谷秀樹/プレミア・ポジション別BEST5]A・コールはすべての要素を装備した左サイドバックだった

粕谷秀樹のメッタ斬り 036

[粕谷秀樹/プレミア・ポジション別BEST5]A・コールはすべての要素を装備した左サイドバックだった

リヴァプールの両翼を務めるA・アーノルド(左)とロバートソン(中)、チェルシーの主将を務めるアスピリクエタ(右)photo/Getty Images

アスピリクエタはパーフェクト

〈プレミア・ポジション別BEST5〉の第3回はサイドバック編。いやぁ、苦労したなぁ。マンチェスター・ユナイテッドで一世を風靡したガリー・ネビルとパトリス・エブラ、2000年代初期のリーズで大活躍したイアン・ハートなどが選外だからね。プレミアリーグのサイドバックって、なかなかの激戦区だよ。

さて、彼ら名手を押しのけて第5位にランクされたのが、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドだ。「えっ、もっと上じゃないの?」と首を傾げるんでしょ。たしかにアシスト能力は高い。リヴァプールだけではなく、イングランド代表でもA・アーノルドの右足は貴重な武器だ。

でも、今シーズンは守備が軽くなった。ここがマイナスポイントだったんだ。DFである以上、守りに磨きをかけないとね。

逆サイドのアンドリュー・ロバートソンを見てごらんよ。アシスト能力はA・アーノルドと同ランクであるうえに、一対一でも粘り強い。簡単には抜かれない。サイドバックを評価するとき、近ごろは攻撃力に焦点が当たりすぎているような気がするんだよ。そんな観点に基づき、ロバートソンを第4位にプッシュ。

リヴァプールの両サイドバックをしのいで第3位に入ったのが、セサル・アスピリクエタ(チェルシー)だ。一対一でもポジショニングでもほとんどミスを犯さない。ジョゼ・モウリーニョ監督(現トッテナム)もチェルシーを率いていた当時、「パーフェクトなサイドバック」と絶賛していたね。ほんの少しだけスピードを上乗せできれば、トップ2だったんだけどな。惜しいっ!


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マンチェスター・シティ」のニュース

次に読みたい関連記事「マンチェスター・シティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. マンチェスター・ユナイテッド 監督

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。