ヴェンゲルと重なるエヴァートン指揮官の姿 「多くの類似点がある」

ヴェンゲルと重なるエヴァートン指揮官の姿 「多くの類似点がある」

エヴァートンのアンチェロッティ監督 photo/Getty Images

ヴェンゲルとアンチェロッティは似ている?

かつてアーセナルに所属し、アーセン・ヴェンゲル元監督の下で研鑽を積んだFWテオ・ウォルコット。2018年からエヴァートンに活躍の場を移した同選手だが、現指揮官の姿にヴェンゲルの姿を重ねる時があるようだ。

その現指揮官とは、もちろん今季途中からエヴァートンの指揮を執っているカルロ・アンチェロッティ監督だ。ナポリを解任されとあって評価が微妙になっていた老将だが、新天地ではFWドミニク・キャルバート・ルーウィンの成長を促すなどまずまずの成果を上げている。そういった若手育成の面からも、ウォルコットはこの指揮官にヴェンゲルと似たようなものを感じているのだろうか。英『talkSPORT』に対して、同選手はアンチェロッティ監督について次のように語っている。

「実際、彼(アンチェロッティ)とアーセンには多くの類似点があると思うよ。僕は両方のことを“ボス”と呼ぶんだ。アーセナル時代にはアンチェロッティのバイエルンともよく試合をしたね。だから僕は彼のことを知っていたし、彼も僕のことを知っていた。信じられないほどの人物だし、彼のスタッフも本当に素晴らしい人々だよ。アンチェロッティはエヴァートンの力を最大限まで引き出すことができると確信している。だから、リーグ戦再開後は何が起こるかわからないと思うね」

アンチェロッティ監督本人、ひいては彼の連れてきたスタッフも皆素晴らしいと称賛の言葉を送ったウォルコット。先日はDFジェリー・ミナも同監督のことを「組織をまとめるリーダーとして、常に頼もしい態度を取ってくれている。彼は根っからのボス」と絶賛しており、選手からの指揮官に対する評価は上々のようだ。

選手から全幅の寄せられるアンチェロッティ監督。はたして、この指揮官は今後その手腕を存分に発揮し、近年低迷気味だった古豪を救うことができるか。リーグ戦再開一発目の試合は宿敵リヴァプールをホームに迎えての“マージーサイドダービー”。ここからエヴァートンの逆襲が始まる予感だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司長友佑都本田圭佑岡崎慎司長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。