インテルで“Newスナイデル”となるべきMF 「今こそ新しい歴史作る時」

インテルで“Newスナイデル”となるべきMF 「今こそ新しい歴史作る時」
拡大する(全1枚)

インテルで“Newスナイデル”となるべきMF 「今こそ新しい歴史...の画像はこちら >>

インテルのエリクセン(右) photo/Getty Images

ハイレベルな司令塔が目覚め始める

インテルにとってジョゼ・モウリーニョの下で戦った2009-10シーズンは大きすぎる1年だった。

このシーズンでは伝説の3冠を達成しており、クラブ史に残る大成功のシーズンだったのは間違いない。

あれから10年。インテルはチャンピオンズリーグどころか、リーグ制覇も達成していない。2009-10シーズンから緩やかにチームは低迷してきたのだ。

その嫌な流れをアントニオ・コンテの下で止められるだろうか。注目したいプレイヤーの1人が、今冬にトッテナムからやってきたMFクリスティアン・エリクセンだ。

2009-10シーズンのインテルではMFウェズレイ・スナイデルが圧巻のパフォーマンスを披露していたが、エリクセンも役割は似ている。インテルのNewスナイデルになってくれれば、よりロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスら前線の選手を活かせるというものだ。

伊『FC Internews.it』によると、エリクセンも2009-10シーズンのインテル3冠を記憶しており、当時のチームを尊敬している。

「インテルは2010年に3冠を達成していて、僕はその偉業を成し遂げた彼らを尊敬している。18歳の時に南アフリカワールドカップで当時の選手たち数名と顔を合わせたしね。ただ、今こそ新しい歴史を作る時だ」

新たなスナイデル役としてチームを引っ張っていけるのか。今節のブレシア戦ではエリクセンにも得点が生まれ、6-0の大勝を飾っている。今季のスクデットは難しくとも、来季こそユヴェントスを超えたい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。