19歳が移籍しても問題なしか 来季マンCで輝く可能性ある“2人”の若きCB

       

19歳が移籍しても問題なしか 来季マンCで輝く可能性ある“2人”の若きCB

来季ブレイクに期待がかかるアダラビオヨ photo/Getty Images

ピンチはチャンスと捉えることも

マンチェスター・シティに新たな主力級のセンターバックがやって来た。同クラブに来季から加入することとなったのは、今季ボーンマスでプレイしていたオランダ代表DFネイサン・アケだ。この25歳はボールスキルに優れた選手で、ジョゼップ・グアルディオラ監督の展開するサッカーにも適応できるとの声は多い。今季マンCのボトルネックとなった最終ラインだが、アケの加入で問題解決となるか。

しかし、その一方でチームを去るかもしれない若きCBがいる。19歳DFエリック・ガルシアだ。今季CBの枚数不足に苦しんだマンCにあって、リーグ戦13試合に出場しチームの窮地を救った新星。だが、現在の彼には他クラブへ移籍の噂が。ユース時代を過ごしたバルセロナが、今夏同選手の獲得を企てているというのだ。

アケを獲得しても、ガルシアが流出となってしまえばCBの絶対的な枚数不足は解決しない。マンCとしては頭の痛い悩みと言えるだろう。しかし、ガルシアが退団となってもシチズンズにはその穴を補ってあまりある活躍を披露するかもしれない若手がいると、英『Manchester Evening News』は2人の選手に期待をかける。

1人目は今季ブラックバーンへとレンタルされていた22歳のトシン・アダラビオヨだ。身長196cmのサイズを誇る彼は、空中戦を弱点としているマンCにとって貴重な存在と言える。ブラックバーンではガッチリと定位置を掴み、チャンピオンシップ34試合に出場。高いだけでなく、スピードもテクニックも水準以上のものを兼ね備えている。ナイジェリアにルーツを持つビッグマンがブレイクすれば、ガルシアの穴はそれほど気にならなくなるはずだ。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. マンチェスター・シティ 監督

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。