未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団”の力は落ちたか

未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団”の力は落ちたか
拡大する(全2枚)

未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団...の画像はこちら >>

ウルグアイ代表も世代交代は進んでいない photo/Getty Images

世代交代が進んでいない

南米勢はいつの時代もワールドカップを盛り上げてきたが、その勢いに陰りが見え始めているのではないか。気になるのは、ブラジル代表とアルゼンチン代表を追いかける南米第2集団だ。

ここでいう第2集団とは、2010年のワールドカップ・南アフリカ大会でベスト4に入ったウルグアイ代表、2014年と2018年のワールドカップで日本代表とも対戦したコロンビア代表、2015年と2016年のコパ・アメリカを制したチリ代表のことだ。

この3チームは2010年代のサッカー界を盛り上げてきたが、共通していることがある。ほとんど世代交代が進んでいないのだ。

ウルグアイ代表は未だに2010年のワールドカップを戦っていたFWルイス・スアレス、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンといった選手たちがスタメンに入っており、大幅な世代交代は進んでいない。レアル・マドリードでプレイする22歳MFフェデリコ・バルベルデ、ユヴェントスの24歳MFロドリゴ・ベンタンクールなど中盤には実力者がいるものの、前線はスアレスとカバーニがいなければ始まらない。この世代が偉大すぎたということもでき、2人に匹敵するストライカーは簡単には出てこないだろう。

未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団”の力は落ちたか

コロンビアは準決勝でアルゼンチンに敗北 photo/Getty Images

ヤングスターが出てこなければ厳しい


この記事の画像

「未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団”の力は落ちたか」の画像1 「未だにチリにはビダル、ウルグアイにはスアレス “南米第2集団”の力は落ちたか」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク