6戦無敗と強さを取り戻しつつあるアーセナル 今後のカギとなるオバメヤンとラカゼットのW起用

6戦無敗と強さを取り戻しつつあるアーセナル 今後のカギとなるオバメヤンとラカゼットのW起用
拡大する(全1枚)

6戦無敗と強さを取り戻しつつあるアーセナル 今後のカギとなる...の画像はこちら >>

今後はラカゼットとオバメヤンのコンビが鉄板となるか photo/Getty Images

効果的な組み合わせとなった

プレミアリーグ第9節アーセナル対アストン・ヴィラの一戦が行われ3-1でガナーズの勝利となった。これでアーセナルはノリッジ戦以降プレミア6戦無敗となっており、好調を維持している。

そんなアーセナルだが、この試合ではピエール・エメリク・オバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットの2トップで試合に臨み大きな成果を上げている。

実際はオバメヤンとラカゼットの縦関係だったが、ラカゼットのバイタルエリアを生かした攻撃はアーセナルの武器となっており、相手の脅威となっている。更に2得点目のPK奪取はラカゼットのボックス内での働きによって生まれている。キッカーはオバメヤンだったが、半分はラカゼットのゴールといってもいい。守備も積極的であり、オバメヤンと共に前線からのプレイを成立させている。

また、ラカゼットが中央で効果的にプレイすることによってエミール・スミス・ロウがサイドからの攻撃に集中できるのも、ラカゼットを中央に置くことで生まれるメリットだ。スミス・ロウも中央でプレイすることで良さを見せられるが、やはりサイドでのスピードを生かした突破やチャンスメイクは強力であり、中央のラカゼット、サイドのスミス・ロウと2のポジションから攻撃が生まれることでアストン・ヴィラは非常に苦労していた。

[4-3-3]や[4-4-2]など試行錯誤しているミケル・アルテタ。アストン・ヴィラ戦でのオバメヤンとラカゼットの2トップは強力であり、そもそもシステム上の併用が難しかっただけで連携そのものは非常に息が合っているコンビだけに、今後も継続して起用することになるか。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク