王者ジョコビッチ、“闘争心”が支えた勝利 [全豪オープン]

王者ジョコビッチ、“闘争心”が支えた勝利 [全豪オープン]
 夜のロッド・レーバー・アリーナのスタンドを埋めた一戦は、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)対第4シードのスタン・バブリンカ(スイス)の準決勝。全豪オープン4回優勝の王者と、昨年その王者も破って頂点に立ったディフェンディング・チャンピオンの戦いは、期待された通りの大接戦となったが、結末はあっけなかった。7-6(1) 3-6 6-4 4-6 6-0。何が勝敗を分けたのか。
◇   ◇   ◇
 錦織圭(日清食品)との準々決勝のあとは、「僕のベストマッチの一つ」と振り返ったバブリンカが、ジョコビッチとの準決勝は「変な試合だった。自分のベストでなかったことは間違いない」と、自嘲するように言った。
 激しいラリー戦は予想通りだったが、「変な試合」だったのは、両者ともに浮き沈みが多かった上に、最終セット6-0と一方的になったスコアのせいだろう。ジョコビッチとバブリンカは過去4回、5セットマッチのフルセットを戦っているが、最終セットはいつも最後の最後までわからない接戦だ。最たるものでは12-10というバトルを繰り広げていた2人だが、今回はそうはならなかった。
 最終セットの第1ゲームにその一因はあった。デュースのあとバブリンカがアドバンテージでブレークポイントを握ったが、これをバックハンドのアンフォーストエラーで逃し、逆に次のゲームでジョコビッチがブレークに成功した。これで形勢は一気にジョコビッチに傾いたが、第4セットでも先にジョコビッチがブレークしてすぐにバブリンカがブレークバックしており、挽回の可能性は十分あったはずだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年1月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。