決勝に向けてのセレナとシャラポワのコメント [全豪オープン]

決勝に向けてのセレナとシャラポワのコメント [全豪オープン]
 1月19日にオーストラリア・メルボルンで開幕した「全豪オープン」(グランドスラム/ハードコート)。
 土曜日に決勝を迎える女子シングルス。
 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)にとっては5年ぶりとなる全豪オープンのタイトル獲得のチャンスであり、マリア・シャラポワ(ロシア)にとっては2008年以来となる優勝を目指しての戦いとなる。
 女子の第1シードと第2シードの選手が決勝を戦うのは、全豪オープンでは2004年大会以来。そのときには第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が第2シードのキム・クライシュテルス(ベルギー)を下していた。
 セレナは33歳。全豪オープンで決勝に進出した場合は過去に全勝。また、オープン化以降では全豪オープンの最年長の決勝進出者でもある。彼女が最後に優勝したのは2010年大会で、エナンを下しての優勝だった。
 シャラポワは全豪オープンで4度目の決勝進出。2008年大会では優勝したが、2007年にはセレナに、2012年にはビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に敗れている。
 決勝に臨むセレナだが、今週の彼女は風邪の症状に苦しんでおり、金曜日の午前中の練習には1時間遅れて登場。そのあと短時間で切り上げ、午後にふたたび練習コートに姿を現している。
「朝は間違ったスタートだった。気分が本当に悪かった」とセレナ。「今週はずっと風邪に苦しんでいる。でも、よくなってきているし、明日の朝にはもっとよくなっていると思う。ホテルに戻ってリラックスして、少し寝て、身体の回復に努めたわ。午後の練習時間は再調整したけれど、午後にはよくなってきた。気分もだいぶいいわ」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年1月31日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。