頂上決戦でセレナがシャラポワを破り、グランドスラム通算19勝目 [全豪オープン]

頂上決戦でセレナがシャラポワを破り、グランドスラム通算19勝目 [全豪オープン]
 オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープンテニス2015」(本戦1月19日~2月1日/ハードコート)の13日目。世界ランク1位と2位による頂上決戦となった女子シングルス決勝で、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)を6-3 7-6(5)で破り、5年ぶり6度目の全豪制覇を果たした。試合時間は1時間51分。
 セレナとシャラポワの対戦は2004年から今回で19度目となり、これまではセレナの16勝2敗。シャラポワが勝ったのは2004年のウィンブルドン(芝コート)を17歳で制したときの決勝と、同年11月のWTAツアー最終戦(アメリカ・ロサンゼルス/インドア・ハードコート)の決勝のみで、そのあとはセレナの15連勝中だった。
 セレナは全豪では準決勝以上に進出したときは無敗で、オープン化以降の最多優勝記録をさらに伸ばす6度目のタイトル獲得。グランドスラム通算19勝はクリス・エバートとマルチナ・ナブラチロワ(ともにアメリカ)の18勝を抜いて、1920~30年代に活躍したヘレン ウィルス・ムーディ(アメリカ)に並ぶ歴代3位タイ、オープン化以降ではシュテフィ・グラフ(ドイツ)の22勝に次ぐ単独2位の記録となる。

◎全豪タイトル獲得数 上位者(オープン化以降)
セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)「6勝」(2003、05、07、09、10、15年)
マーガレット・コート(オーストラリア)「4勝」(1969、70、71、73年)

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年1月31日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。