マレーが第2セットを奪い、セットカウント1-1 [全豪オープン]

マレーが第2セットを奪い、セットカウント1-1 [全豪オープン]
 オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープンテニス2015」(本戦1月19日~2月1日/ハードコート)の最終日。大会のフィナーレを飾る男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦。第1セットはジョコビッチが7-6(5)で先取したが、ふたたびタイブレークとなった第2セットをマレーが7-4で制し、セットカウントは1-1となった。
 ジョコビッチとマレーはともに1987年5月生まれの27歳。両者の対戦は2006年から今回で24度目となり、これまではジョコビッチの15勝8敗。グランドスラムでは6回顔を合わせており、ジョコビッチの4勝2敗。決勝では2011年と13年の全豪ではジョコビッチ、2012年ウィンブルドン(芝コート)と2013年全米オープン(ハードコート)ではマレーが勝っている。全豪ではこれが4度目の対戦となり、過去3戦はすべてジョコビッチの勝利に終わっている。
 2011年からの3連覇を含む全豪4度優勝のジョコビッチは、準々決勝で第8シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7-6(5) 6-4 6-2で破るなど、準決勝までの5試合をすべてストレート勝ちで4強に進出。準決勝ではディフェンディング・チャンピオンで第4シードのスタン・バブリンカ(スイス)との3年連続となった対戦を7-6(1) 3-6 6-4 4-6 6-0で乗り越えての決勝進出となっている。昨年は準々決勝でバブリンカに4連覇を阻まれていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年2月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら