ダブルスは吉備雄也とマクラクランが初コンビでシリーズ2勝目 [F7昭和の森オープン]

ダブルスは吉備雄也とマクラクランが初コンビでシリーズ2勝目 [F7昭和の森オープン]
「ITF MEN’S CIRCUIT 昭和の森オープンテニストーナメント 2015 吉田輝也メモリアル」(本戦6月16~21日/東京都昭島市・昭和の森テニスセンター/賞金総額 1万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦5日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われた。
 シングルスは上位シードと予選勝者の対戦となり、第1シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)が17歳の山﨑純平(むさしの村ローンテニスクラブ)を6-2 6-2で、第3シードの綿貫裕介(橋本総業)がムン・ジュへ(韓国)を6-2 7-6(3)で破り、決勝は日本人対決となった。
 ダブルス決勝は、第3シードの吉備雄也/ベン・マクラクラン(ノア・インドアステージ/ニュージーランド)が第2シードの小ノ澤新/綿貫敬介(イカイ/明治安田生命)を6-3 6-2で下して大会を制した。
 前週の柏(ITF1万ドル/ハードコート)では仁木拓人(三菱電機)とのコンビで優勝していた吉備。フューチャーズ大会では過去3つのダブルスタイトルをすべて仁木とのペアで獲得していたが、通算4勝目は初めて仁木以外と組んでのものとなった。
 2週間前の軽井沢(ITF1万ドル/クレーコート)では綿貫(敬)とのコンビで日本での初優勝を果たしていたマクラクランは、吉備との初ペアで通算4つ目のタイトル獲得に成功。お互いにこのシリーズでの2勝目を飾った。
 この大会は今年8大会開催されるフューチャズ大会の第7戦目で、軽井沢・柏・昭和の森・札幌と4連戦となる。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年6月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら