ナダルがポスピショルを下してベスト8に進出 [チャイナ・オープン]

ナダルがポスピショルを下してベスト8に進出 [チャイナ・オープン]
 中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(10月5~11日/ATP500/ハードコート)。
 水曜日に行われた2回戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)がバセック・ポスピショル(カナダ)を7-6(3) 6-4で下してベスト8に進出した。
 ナダルは1回戦で230位の地元ワイルドカード(主催者推薦枠)選手に4度サービスゲームを破られるなど苦戦したあと、2回戦でテニスのレベルを上げられるかどうかが注目されていた。
 ナダルはポスピショルを相手に1度のブレークポイントしか与えず、それもしのいで勝利した。
 一方、第2シードで出場のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)はパブロ・クエバス(ウルグアイ)と1回戦を戦い、4-6 4-6 で敗れて姿を消した。ベルディヒは前週の深圳の大会の決勝が雨天のため月曜日に順延し、会場入りが遅れていた。彼は深圳では今季初優勝を果たしたが、今大会は1回戦敗退となった。
 ベルディヒは現在5位だが、彼に続く6位の錦織圭(日清食品)とはわずか300ポイント差となっている。
 ベルディヒは深圳の大会のあと、今大会のコンディションに合わせるための時間が足りなかったと話している。
「ほとんど時間がなかった」とベルディヒは話し、「コンディションに対処できるかどうかが本当に問題で、自分は明らかにそれができていなかった」と続けている。
 そのほかの2回戦では、第4シードのダビド・フェレール(スペイン)がルーカシュ・ロソル(チェコ)を7-6(5) 6-2で、ルー・イェンシュン(台湾)がビクトル・トロイツキ(セルビア)を6-4 7-5で、ジャック・ソック(アメリカ)がアンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)を6-3 6-1で、それぞれ倒してベスト8に進んでいる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2015年10月8日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。