観客席で危篤患者が発生、試合中断で九死に一生を得る [全豪オープン]

観客席で危篤患者が発生、試合中断で九死に一生を得る [全豪オープン]
 オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープン」(1月18~31日/グランドスラム/ハードコート)。
 バーナード・トミック(オーストラリア)とデニス・イストミン(ウズベキスタン)の1回戦が行われていたコートで、女性の観客が倒れて試合が中断。救急治療を受けるという場面があった。
 その観客の側に座っていた人々が「EpiPen」(アレルギーなどによる致命的なショック症状の患者に対して緊急的に用いられる治療薬)を持って来てと叫んでいて、たまたま「EpiPen」を所持していたハイセンス・アリーナの観客の一人がそれを投げて与えた。
 救急救命士が数分後に到着。倒れた女性は治療を受け、車いすで運び出されると、場内からは大きな拍手が起きていた。
 トミックとイストミンも心配そうにそれを見つめていた。試合はトミックが6-7(4) 6-4 6-4 6-4で勝利した。
「誰かが死んでしまうかもしれないという状況で、僕らは何が起きているかわからない」とトミック。「僕は女性を直接この目で見た。いい瞬間ではなかったね」と彼は言い、「結局、テニスはテニス。スポーツはスポーツなんだと思った。でも、もし、テニスコートで誰かが気を失っていたり死んでしまうようなことがあったら、それはとてもとてもよくないことになると思う」と続けている。(C)AP
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 19: A women in the crowd is attended to by paramedics during the first round match between Bernard Tomic of Australia and Denis Istomin of Uzbekistan during day two of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 19, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年1月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。