台湾に1勝2敗で敗れ世界への挑戦権を逃す [フェド杯アジア/オセアニア1部]

台湾に1勝2敗で敗れ世界への挑戦権を逃す [フェド杯アジア/オセアニア1部]
 2月3日から6日まで、タイ・ホアヒン(トゥルーアリーナ・ホアヒン)で開催された女子国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のアジア/オセアニアゾーン・グループⅠ。大会最終日の6日、日本は決勝で台湾に1勝2敗で敗れ、ワールドグループⅡプレーオフへの挑戦権を逃した。

 日本はタイとのグループリーグ最終戦でタイトゲームを制し、辛くもグループリーグ・プールAを首位で通過したが、対する台湾はプールBを3戦全勝で突破。いずれの試合もシェイ・スーウェイ&チャン・カイチェンのシングルスにチャン・ユンジャン/チャン・ハオチンの姉妹ダブルスという不動のオーダーで中国、カザフスタン、韓国を退けてきた。

 迎えた決勝、日本はシングルス2で奈良くるみ(安藤証券)の起用に踏み切った。ウズベキスタンとの第1試合開始直後に内転筋を痛め、この2日間は休息に充てていたが、当初の想定よりも症状は軽かった。何より、奈良自身に期するものがあった。「シングルス2として初戦で勝利をもたらすのが役目だったのに…。不甲斐なかった」

鮮やかに復活した奈良はチームに1勝をもたらした

 思えば昨年のアジア/オセアニア予選でも、大会2日目の試合前練習で腰を痛めながら、決勝で復活。大逆転の試合を演じてチームの勝利を決定づけている。そして、この日も奈良は、見事にチームへ勝利を運んだ。

 もちろん左足に不安は残る。無理はできない。それだけに、「シンプルに考えてプレーできた」。ショットの精度に苦しむチャン・カイチェンを左右に振り回して次々とエラーを引き出し、第1セットを6-1であっという間に奪う。第2セットに入り相手が鋭さを取り戻してくると、変化をつけながらもミスなくつなぎ、チャンのアタックをカウンターで切り返していく。1-3とリードを奪われるも、そこから3つのブレークを重ねて6-4でゲームを締めくくった。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年2月7日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。