ナダルを攻め続けた錦織「本当にもったいなかった」 [バルセロナ・オープン]

ナダルを攻め続けた錦織「本当にもったいなかった」 [バルセロナ・オープン]
 スペイン・バルセロナで開催された「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/4月18~24日/賞金総額215万2690ユーロ/クレーコート)の男子シングルス決勝で、第2シードの錦織圭(6位/日清食品)は第1シードのラファエル・ナダル(5位/スペイン)に4-6 5-7の接戦の末に敗れ、準優勝に終わった。
 ナダルの同大会優勝は3年ぶり9回目(2005~09年と2011~2013年)で、これはナダルにとってクレーコートの大会での49回目のタイトルでもある。
「確かに、アンフォーストエラーをおかしすぎたかもしれない。ボールはそこにあって、ポイントにけりをつけられたはずなのに、僕は多くのチャンスを逃してしまった。でもそれはまた、ラファ(ナダル)がいいプレーをしていたからでもある。彼はすべてのポイントで、すべてのボールを返してくる。彼からポイントを取るのは、簡単なことではないんだよ。また今日は彼にとってラッキーなポイントもいくつかあった。でも、僕は今週を通して、自分がやったテニスをうれしく思っている。今日の試合は負けはしたが、次のマドリッドとローマでまた大きなチャンスがやってくるから、次の2週間のためにしっかりと準備をしたい」。
 試合後の英語の記者会見で、悔しさを押し殺し、錦織が語ったこの言葉が、この決勝の様相と意味をおそらくもっとも的確に表現しているだろう。
 毎ポイント、毎ゲームが闘いだった。ミスを最小限に抑えながら、リスクをおかして厳しいコースをついていく。錦織が連続的に攻撃的なショットを打ち込んで、ラリーの主導権を握る場面は多々あったが、ディフェンス・スキルではトップ5の中でも一、二を争うナダルは、おそろしくしぶとかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年4月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + ウィンブルドン」のおすすめ記事

「錦織圭 + ウィンブルドン」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。