フェリシアーノとマルクのロペス・ペアがグランドスラム初優勝 [全仏オープン]

フェリシアーノとマルクのロペス・ペアがグランドスラム初優勝 [全仏オープン]
全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子決勝で、第15シードのフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(ともにスペイン)が第5シードのマイク・ブライアン/ボブ・ブライアン(ともにアメリカ)を6-4 6-7(6) 6-3で破り、ともにグランドスラム初優勝を果たした。試合時間は2時間23分。
 ロペス/ロペスは今シーズンのATPツアーで10大会に出場し、開幕戦のドーハ(ATP250/ハードコート)でタイトルを獲得。今大会では3回戦で第1シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)を7-6(7) 6-1で、準決勝では昨年の大会を制した第3シードのイバン・ドディグ(クロアチア)/マルセロ・メロ(ブラジル)を6-2 3-6 7-5で破るなどして勝ち上がっていた。
 フェリシアーノは単複を通して初のグランドスラム決勝で、初タイトルを獲得。第21シードで出場したシングルスでは、3回戦で第11シードのダビド・フェレール(スペイン)に4-6 6-7(6) 1-6で敗退していた。
 マルクはマルセル・グラノイェルス(スペイン)とのペアで、2014年大会で決勝進出を果たしているが、ジュリアン・ベネトー/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)に3-6 6-7(1)で敗れて準優勝に終わっていた。また、このペアは同年全米オープンでも決勝に進出したが、ブライアン兄弟に敗退。フェリシアーノとのペアで3度目の決勝を戦い、初の栄冠に輝いた。
 ブライアン兄弟は昨年の大会では決勝でドディグ/メロに7-6(5) 6-7(5) 5-7で敗れており、2年連続準優勝に終わった。
テニスマガジン/Tennis Magazine)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年6月5日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。