内山靖崇は単複2冠ならず、18歳のイ・ダクヒが日本で3度目の優勝 [F6軽井沢フューチャーズ]

内山靖崇は単複2冠ならず、18歳のイ・ダクヒが日本で3度目の優勝 [F6軽井沢フューチャーズ]
「ポルシェ 軽井沢フューチャーズ」(長野県・軽井沢会テニスコート/本戦5月30日~6月5日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)は最終日を迎え、シングルス決勝が行われた。
 決勝はイ・ダクヒ(韓国)と内山靖崇(北日本物産)のトップ2シードの対戦となり、第1シードのイが第2シードの内山を7-6(5) 6-3で下して今シーズン2勝目を挙げた。試合時間は1時間40分。
 内山とイは昨年11月に横浜(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、イが6-2 6-4で勝っていた。
 2014年3月にはITF世界ジュニアランク最高3位を記録している18歳のイは、昨年はフューチャーズ大会5勝などで世界ランク229位まで上昇。今シーズンは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)でグランドスラムの予選に初挑戦、3月にはデビスカップのニュージーランド戦(韓国・ソウル)で代表デビューを果たし、4月には自己最高の206位を記録している。
 日本の大会には14歳だった2013年3月の筑波(ITF1万ドル/ハードコート)が初出場。昨年6月に柏(ITF1万ドル/ハードコート)で初優勝を飾り、今季は3月に甲府(ITF1万ドル/ハードコート)で2勝目を挙げており、3度目のタイトル獲得となった。
 内山はアンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)とのペアで第1シードで臨んだダブルスを制していたが、単複2冠はならなかった。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年6月5日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。