女子ダブルスはアリアス マニョン/ダニロビッチがノーシードから優勝 [全仏オープン・ジュニア]

女子ダブルスはアリアス マニョン/ダニロビッチがノーシードから優勝 [全仏オープン・ジュニア]
全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)のジュニアの部の女子ダブルス決勝は、パウラ・アリアス マニョン(スペイン)/オルガ・ダニロビッチ(セルビア)が第1シードのオレーシャ・ペルブシナ/アナスタシア・ポタポワ(ともにロシア)を3-6 6-3 [10-8]で下してノーシードから優勝を果たした。
 ふたりはシングルスにも出場していたが、ダニロビッチは2回戦で第13シードのマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)に3-6 3-6で敗退。予選からの出場だったアリアス マニョンはワイルドカード(主催者推薦枠)のエマニュエル・サラス(フランス)に0-6 4-6で敗れ、本戦勝利はならなかった。
 アリアス マニョン/ダニロビッチは2回戦で第2シードのウスエ マイタネ・アルコナーダ/ケイラ・デイ(ともにアメリカ)を7-6(5) 4-6 [10-8]で、準々決勝で宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)/村松千裕(吉田記念テニス研修センター)を6-1 6-2で、準決勝では相川真侑花(テニスユナイテッド)/エレナ・イン アルボン(スイス)を6-3 6-3で破って勝ち上がっていた。
◇   ◇   ◇
【ジュニア女子ダブルス決勝】
○30パウラ・アリアス マニョン/オルガ・ダニロビッチ(スペイン/セルビア)3-6 6-3 [10-8] ●1オレーシャ・ペルブシナ/アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[1]
※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
(テニスマガジン/Tennis Magazine)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年6月5日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。